FC2ブログ

光るこみち  〜Lipicaの図書館より〜

バスク サン=ジャン=ド=リュズ Saint Jean de Luz



今回の旅は「バスクに行こう!」と誘われてのスタートでした。
「バスク」とは「山の民」という意味だそうです。なぜか心躍る響き!

This tour started with the words "Let's go to Basque!" by Leilei.
Basque means "the people of mountain".
I got so exciting with this sound 'Basque'.



こちらはフランス南部、バスク地方のピレネー・アトランティック県
「サン=ジャン=ド=リュズ」。
電車10分でスペインという国境の大西洋リゾート地です。

This city is 'Saint Jean de Luz',Pyrénées-Atlantiques,Basque
in South France. It is one of the Atlantic seaside resorts
next to Spain within 10 minutes by train.





私も大西洋に足をつける。爽快!

I put my feet into the Atlantic Ocean. I feel so good!



夏のバカンスで楽しむ人たちで賑やかな街サン=ジャン=ド=リュズに
建つ教会、サン・ジャン・バプティスト教会。
太陽王ルイ14世がスペイン王女マリー・テレーズと結婚した場所です。

This is Eglise St-jean Baptiste in busy town Saint Jean de Luz on
Summer vacances.
Louis XIV (Ray Sol) and Spanish princess Marie Thérèse had a wedding
ceremony in this church.




太陽王ルイ14世はあのヴェルサイユ宮殿を建てたブルボン朝最盛期の王です。

Ray Sol Louis XIV is famous for building Château de Versailles. He was
the king of the golden dynastie des Bourbons.



教会に入ると、ここは街の賑わいを忘れる静かな空間。
木の彫刻がいたるところに施されていて、素敵な教会です。

The inside is a silent world apart from the busy city.
There are many carvings. I like here!





海の街の教会らしく船が天井から下がっています。
You can see a ship from the celling. It is just right for a city by the sea.



サン=ジャン=ド=リュズの旗にも大好きな帆船。心惹かれる街です♪

My favorite sailboat on Saint Jean de Luz's frag!
I love here♪



別窓 | 気持ちのいい場所 | コメント:0
∧top | under∨

モン サン ミッシェル Mont Saint-Michel



ノルマンディーとブルターニュとの境に近いサン・マロ湾に浮かぶ小島
「モン・サン・ミッシェル」=聖ミカエルの山
キリスト教の巡礼地の一つです。
ずっと会いにきたくてきたくて...ついに来られました!

This is a small island in Saint-Malo bay between Normandie and
Bretagne, "Mont Saint-Michel"=Mt.St.Michael.
It is one of the Holy Land for Christianity.
I have really wanted to come here for a long time,,,
finally I made it!





モンサンミッシェルのトップにには、天を仰いでいらっしゃる
大天使ミカエル様。(この写真はガイドブックより)
遠くからでも輝いているのがよく見えます。

モンサンミッシェルは大天使ミカエルの啓示により作られたそうです。

The top of Mont Saint-Michel is the statue of St.Michael looking up
at the sky.(This photo is from a guide book)
You can see its brightness from a distance.

Mont Saint-Michel was built on the revelation of St.Michael.




修道院の場所はにぎやかな入り口辺りとは打って変わって静かに見えます。
英仏両国の長く続く対立の中でモン・サン・ミッシェルは静かに信仰を守り
続けました。かつて要塞として機能していたこともあり、島は立派な城壁で
囲まれています。15世紀には百年戦争に巻き込まれ、フランス革命の際には
刑務所として利用されたこともあるそうです。
歴史の中で生き抜いて来たんだなと、感慨深いです。

The abbey looks like very silent compare with the noisy entrance.
The beliefs have been protected silently from the confrontation
between Britain and France. This island is surrounded with the strong
walls.It used to be a fortress. It watched the Hundred Years' War in
15 century and was used as a prison during the French Revolution.
Mont Saint-Michel have survived the long history! I am deeply moved.



翌朝は霧雨でしたが、旦那様と二人で早起きしてロードバイクで向かいます。
人の姿の見えないモンサンミッシェルに鐘が響き渡っています。
幻想の世界。不思議な感覚です。

The next morning drizzled. But my husband and I got up early and
road there again by bike. Nobody there. We could hear only the echo
of bells. What a fantastic world! I felt the sense of wonder.





午前の早いうちに雨が上がり、再度違う角度から。
今度はみんなともう一度向かいます。

どの角度からも美しい姿です。

The rain stopped in the morning,we went there again by bike with
my companions from another road.

We can see its beauty with every angle.



今回の旅の仲間たち(^^)
They are my companions of this travel(^^)



丸い雲がぽっかり。
A round cloud with Mont Saint-Michel.



モンサンミッシェルの横の大西洋に沈む夕陽。
The sunset on the Atlantic Ocean.



また是非伺いたいです。
I wanna visit Mont Saint-Michel someday again.







別窓 | 気持ちのいい場所 | コメント:0
∧top | under∨

モネの庭 水の妖精 Claude Monet "Numphèas"



ノルマンディーのジヴェルニーにある大好きな印象派画家モネの庭園に
伺いました。

We visited Maison et Jardin de Claude Monet in Giverny, Normandie.
I really like his works.



緑が美しいジヴェルニーの家並み。

There is a row of houses with pretty green on.





モネと言えば、有名な「睡蓮」がありますが、その連作など数々の傑作の
創作の源となったお庭です。

Speaking of Claude Monet, we remember famous Numphèas (Water Lilies).
This garden is the source of his works.



いろんな色の可愛いお花が咲き乱れています。

Colorful flowers are here and there.





こちらはモネの自宅。

Monet's house.




そして、ようやくたどり着いた場所は、広い広い蓮池を取り囲む空間。

Finally we could reach this huge space with "Numphèas" pond.



ちょうど前日にパリのオランジュリー美術館で作品を堪能したばかりなので
感慨も一入。
モネの「睡蓮」の中にしばし入り込みます。静寂と平和の空間。

Just the day before we enjoyed his works "Numphèas" at Musée de
l'Orangerie. So I was filled with deep emotion.
I got into his "Numphèas" for a while. The silent peaceful world.



睡蓮はフランス語で「 ナンフェア Numphèas」。
水の妖精ニンフの意味もあります。
モネが生涯追い続けた「光と水」の世界。

Water lily is Numphèas in French. The another meaning is "water fairy".
Monet's world with light and water.




ここには平和な時間がずっと流れているように見えます。
この楽園に伺えて、本当に嬉しかったです。

It seems like there is just only peaceful time here.
I am so glad to visit to this earthly paradise.



シリアの善良な国民のみなさんにも平和な日が早くやってきますように!
心ない一部の人たちの利益のために命を利用されませんように!
祈ります。
 
I do pray for the peace of Syrian good citizens!
Nobody can exploit their lives for wrong profits!
Pray for PEACE.  




別窓 | 気持ちのいい場所 | コメント:0
∧top | under∨

私達の貴婦人 ノートルダム大聖堂 Cathédrale Notre-Dame de Paris



今回、流れのままにフランス行きが決まりました。
いろんな方々のサポートの元。感謝、感謝です!!

とても久しぶりのフランス♪

This time we decided to go to France, just going with the flow.
Special Thanks to Leilei and François for supporting us!

It's been a long time since I visited France last♪




パリ市内で、真っ先に訪れたいと思った場所は、シテ島にある、ここ
「ノートルダム大聖堂」です。
「ノートルダム」はフランス語で「私達の貴婦人」という意味で、
聖母マリア様を指します。

ガイドブックで初めて知ったのですが、パリからの距離を示す場合、
このノートルダム寺院を中心拠点としているそうです。
私たちの旅も偶然、この拠点からスタートしました。

In Paris I really wanna visit Cathédrale Notre-Dame!
St.Maria called me??
The center of Paris city= Cathédrale Notre-Dame.
Our travel starts from here.



私たちがうかがった日は8月15日。
終戦記念日であると同時にお盆。日本人にとり、とても大切な祈りの日。

そして、カソリックでも聖母の被昇天の祭日(聖母マリア様が
死ぬことなく、生きたまま天にあげられたことを記念する日)で
とても大切な祝日です。どちらも8月15日なのは偶然でしょうか?

びっくりするくらい多くの方々がミサに訪れていました。

マリア様信仰の厚さを感じます。


We went there on "15th AUG".
It is the anniversary of the end of World War II for Japan and
the Bon festival(=the Buddhist festival of the dead) in Japan.

And also it is a special holiday as Assumption of Mary here.
Lots of people came here to pray for St.Maria.
I feel the faith from people so much.



人々が賛美歌を合掌。アーメン、ハレルヤがこだまする中、
私も心から「平和」を祈らずにはいられません。

賛美歌の後、後ろにいた黒人女性に両手で背中を優しく押され
「神のご加護を」みたいな言葉を笑顔でかけて頂きました。
フランス語だったからよくわかりませんが、でも伝わりました。

あなたにも「神のご加護を!」

During many people hymned, I could not stop praying for
the Peace.
After people stopped hymning, one black lady sitting behind
my seat push my back softly with a smile and blessed me.
I didn't understand the French words but I knew her kind
heart.

May God be with you,too!



鐘の音が続けて何度も何度も響き渡ります。
ヴィクトルユーゴーの小説を思い起こします。

溢れてくる感謝の気持ち。止まりません。今も続いています。

We heard the ring of bells again and again.
It reminds me of Victor Hugo.

I'm full of thankfulness.
I cannot stop it, and still go on.



日を改めて、静けさを取り戻した早朝のミサにうかがいました。
何度見ても感動する初期ゴシック建築。

Another day in the early silent morning, we visited Cathédrale
Notre-Dame again.
This historical Gothic architecture impressed me every time I visit.




聖母マリア様は「奇(くす)しきバラの花」。
ステンドグラスのバラ窓はマリア様を讃えている象徴ともされます。

I love these Rose Windows.
They are the symbol of St.Maria.



ほの暗い中にステンドグラスから光が射し込む。
しばし時を忘れて祈ります。

I pray forgetting all about the time.



祈りを捧げるジャンヌダルクの像。

I respect for Jeanne d'Arc's courage so much.




パリの中心から始まったフランスの旅。ブログで先へ続けます。




別窓 | 気持ちのいい場所 | コメント:0
∧top | under∨

創祀千九百年の熱田神宮 



今年は神社界のビッグイヤーです!
秋には伊勢の式年遷宮。熊野大社は明治に再建されてからの正遷座百二十年大祭。

今年5月には「出雲大社・本殿遷座祭」にうかがいました。
こちらも60年に一度の大祭です。出雲大社遷宮祭の寿ぎ



名古屋の大学でファッションデザインを学んでいる姪から
ファッションショーのお誘いが♪

夢に向かっているまっすぐな人たちのエネルギーを大きく浴びました。
とっても良いショーでした♪また観たいな〜



おかげでここ熱田神宮にも初めて足を運ばせて頂く機会を得ました。
こちらも今年は草薙神剣を祀られて1900年の記念の年だそうです。


ご神木の大楠。
こちらには大きなお蛇様が住んでいらっしゃるそうです。
木の上にはお社がありました。



三種の神器である草薙聖剣を祀られている熱田さま。
出雲大社とも大きく関わりのある草薙聖剣に呼ばれたような気もします。

ご本殿の前にはちょうど夏越の大祓の儀式がとり行なわれています。
厳粛な儀式。とても静かです。





とても清々しい静かな式でした。
大阪の叔母、彦根の姉、名古屋に住む甥、姪と旦那様。みんなでお参りできて
幸せでした〜

半年の穢れを払って頂けたようです。感謝です!



鳥居は、神域の入り口を表す”門”のような役割を果たすシンボルみたいな
ものですが、ちょうど鳥居の横の木に鳥(鶏?ちゃぼ?)がいました。
コケコッコーと時を告げています。

おうかがいできてとても幸せでした〜!!

神社界では今年は本当に、日本の大きな節目の年ですね♪
生きて体感できる私たちは、とても幸福だと感じます。



別窓 | 気持ちのいい場所 | コメント:0
∧top | under∨
<<BACK | 光るこみち  〜Lipicaの図書館より〜 | NEXT>>